原油価格上昇の理由

【今週の為替相場(FX)の注目ポイント】

バーナンキFRB議長の議会証言、雇用情勢に慎重な見方を示す見通し。米国雇用統計、1月の大雪の影響の反動もあり強い数字でも反応しづらい。ECB定例理事会、インフレ警戒姿勢を強めればユーロ買いへ。豪準備銀行理事会、引き締めバイアスを維持する見通し。NZ準備銀行の利下げ観測、豪ドルへのシフトが加速へ。カナダ中銀理事会、景気に楽観的な姿勢を示す見通し

ユーロの見通し

メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁の「ECBは3月3日の理事会でインフレリスクをめぐる文言を強める公算」との発言をきっかけに、ECBの利上げ期待が高まりユーロが上昇した。3日の理事会では政策金利は1.00%に据え置きが確実視されているが、声明はよりインフレ警戒色を強める可能性が高く、ユーロのサポートとなる可能性が高い。米国長期金利が低下し、FRBの利上げ期待も後退していることから、対ドルを中心に上昇余地を試す展開か。

 

FXをリサーチするならページランク6の外為FXinfoで。検索サイト登録している優良なFXサイトやFXブログがたくさんあります。FXのプロから初心者までご利用いただけます。